スポンサーリンク

【高齢化社会の闇!?】住宅ローン借入れの高齢化・長期化ニュースを考察してみた

おうちハック
もけ
もけ

タチ子~、なんか最近住宅ローンが怖い・ヤバい!ってよく聞くんだけど、何がやばいの?

タチ子
タチ子

あ~、あのニュースね!確かにヤバかった。。考察してみよう。

昨今話題になっているこのニュースをご存じですか?

長寿社会のリアル〜住宅ローン、定年後に遠のく完済への道

日本経済新聞 2020年10月04日 公開

かなりショッキングな内容でしたので、タチ子なりの考察を以下の内容でまとめます。
(長い内容となってしまったので分割します。)

書いたのはこんな人
  • 2020年に夫婦で35年ローンを組みマイホームを購入
  • マイホーム購入をきっかけに猛勉強し、資産運用開始
  • 住宅ローンの返済分を配当金で賄うべく、奮闘中☺(来年度で妻分達成見込み)

話題になったニュースの要約

記事の概要はこうです。

  • 2020年度の、完済時の平均年齢73歳
  • 借入時の年齢、37歳→40歳に上昇
  • 借入額、1900万円→3100万円に増加
  • 融資期間、30年→33年近くに長期化
  • 60歳時点の残高、700万円→1300万円
  • 85歳未満まで借りられるローン登場
要約すると論点は3点
  • 借入資金の拡大化
  • 返済期間の長期化
  • 借入開始年齢の高齢化

昨今の住宅ローンは平たく言うと、

  • 日常では手に入れられない大金を
  • 史上最低レベルの金利で
  • 銀行から前借りできる

仕組みとなっています。

にも関わらず、

  • 金融に明るくないマイホーム購入者が
  • 金融機関の甘い言葉に乗せられ
  • 自身の返済能力以上に高額で借り入れてしまう

これがとても大きな問題であると感じます。

ニュースで取り上げられている問題をひとつずつ見ていきましょう。

住宅ローン借入資金の拡大化

借入額、1900万円→3100万円に増加
60歳時点の残高、700万円→1300万円

一般的に住宅ローンは世帯年収の5倍~7倍くらいまでが許容範囲と言われています。

が、タチ子は

タチ子
タチ子

それでも多い!

と考えます。

年収800万円で7倍、5,600万円の借り入れということは、35年ローン・最低金利で考えても毎月15万円の返済が必要になります。

年収800万円だと毎月の手取り収入は約50万円ですから、支払えない額ではないと感じるかもしれません。

ですが、想像しましょう。35年間です。

  • 子供が生まれても、習い事を始めても
  • 自身が降格しても、転職しても、病気になっても、
タチ子
タチ子

ずーっと15万円。生活費のほかに。

住宅ローンを借りるときにはこの辺りのこともイメージして、日々の家計の可視化・計画をしましょう。

ちなみに我が家の借入額は、世帯年収に対して3~4倍です。

タチ子
タチ子

月々の生活に多少ゆとりが持てるので、資産運用に回しています。

住宅ローン返済期間の長期化

2020年度の、完済時の平均年齢73歳
融資期間、30年→33年近くに長期化

ここは個人的には

「計画的な返済ができるのであれば」

あまり気にしていません。

今は低金利時代。
逆に受け止め方によっては大きなチャンスになりえると考えます。

そのあたりは次回の記事で解説しますね。

※記事できました😊⤵︎

住宅ローン借入開始年齢の高齢化

借入時の年齢、37歳→40歳に上昇
85歳未満まで借りられるローン登場

これがいちばんヤバいです。

住宅ローンは一般的に、長期間に渡り日々の収入の中から少しずつ返済していくもの。

期間が短くなればなるほど

  • 借入額に対する月々の返済負担は増えます
  • 金利(借入額に対して上乗せされる利息金額)も高くされる傾向にあります。

また、 サラリーマンの年齢別年収データは50-54歳をピークに減少していくというデータも出ています。

(国税庁 平成26年 民間給与実態統計調査結果より考察)

健康リスクやご家族の成長を考えても、早めにローンを組んだほうが良いかと思います。

実際記事内でも年金でローンを支払う男性のエピソードが書かれており、胸が痛いです。。

シッポ
シッポ

なるほど、借入開始年数が高齢化&借入額が大きくなるということは、年を重ねるにつれて収入が減り、生活が苦しくなるレベルの返済に追われる危険がある、ということですね。

タチ子
タチ子

その通り!

もけ
もけ

ひぇ~、73歳までローン返済を続けないといけないなんて…

でも僕も、今は予定がないけどいつかおうち欲しいよ。諦めるしかないの?

もちろんそんなことはありません。

若いうちから将来に備えよう
  • 20代30代のうちにしっかり貯蓄をして頭金を確保
  • 無理のない借入額で返済計画を作る
    (年金生活に入る前には完済しておきたい・・)
もけ
もけ

やっぱり住宅ローンやマイホーム購入は大金持ちでないと怖いものなんだね…

タチ子
タチ子

いやいや、一概に「住宅ローンが悪」「返済の長期化が悪」とも言えないと思うよ☺

このニュースを読んでのタチ子の見解

借入資金の拡大化
返済期間の長期化

この2点は受け止め方によっては

経済的自由に近づく大きなチャンスになりえる

と考えます。

低金利、要は「借入額に対して上乗せされる利息が極小」であれば【ローンの前倒し返済】を行う必要はありません。

現金を手元に置いて、しっかりと運用管理していけばいいのです。

タチ子
タチ子

あいにく日本の個人投資家は住宅ローン契約者に比べ遥かに少ないのが現状ですが、、

次回の記事では、住宅ローンの早期繰上げ返済と試算運用時のシミュレーションについて解説します。

タチ子も住宅ローンを借りてから勉強して資産運用を始めた側の人間ですので、このまとめが読んでくださっている方にとって何かの気づきになれば幸いです。

まとめ

話題になっている日経のニュースの要点は3点
  • 借入資金の拡大化
  • 返済期間の長期化
  • 借入開始年齢の高齢化

中でも

  • 「無知・無計画な」借入資金の拡大化
  • 「準備のない」借入開始年齢の高齢化

は超危険。

シッポ
シッポ

私もしっかり学んで準備します!

ただ、それだけを理由に夢のマイホームライフを諦めるのももったいない。

この記事の表層だけ捉え、

  • 住宅ローンは怖い・自分とは無縁の贅沢品 と扱ってしまう
  • ただの煽り記事でしょ と片付けてしまう

ことなく、自分のライフプランと照らし合わせて考えることができよかったと思います。

何事も自分の頭で考えて理解・吸収していきたいものですね☺

それでは今日はこの辺で。

タチ子
タチ子

Twitterもフォローしてくれたら泣いて喜びます!

I hope you will have a good life !!
あなたの人生がより良い人生となりますように・・;D

タイトルとURLをコピーしました